図面

 

3D測量データと設計データの合成(設計3Dモデリング)

TINデータでマシンガイダンス専用図面出力。

 

・設計3Dモデリング

現地地形測量で作成した3Dモデルの中に設計3D情報を取り込んで

完成系の3Dモデル図(設計3Dモデリング)を作成します。

これにより現地形と設計とのすり付け度合い、構造物の視認確認、全体完成系の視認確認、

取付道路の計画確認等を行なうことができます。

作成された図面データは2次元図面や3次元図面として紙ベースで出力できます。

 

・TINデータ

また、マシンガイダンスとして作業機械端末に取り込むためのTINデータで作られた図面などが作成されます。

 

計画・数量

 

3DMassDataを使用することで、2Dでは困難で時間を必要としていた作業(土量計算・施工計画・形状確認)を容易に短時間で行なうことが出来ます。

 

・容積計算

容積計算として平均断面法、メッシュ法、等高線法等を使った計算が容易に行えます。

 

・土量配分計画

土量配分計画における切盛バランス調整や道路計画についても3DMassDataを

使用することで容易に行なえます。

一度計画情報の3D化を行なえば、変更・再計画が容易に容易に行えるため、

従来のようなやり直しの手間が省けます。

 

フロントローディング

 

大量の点群データをMassData化。

地上測量で得た点群はそのままMassData化。

航空測量で得た写真はオルソ補正の後、点群データ化し、

その後MassData化。

 

見える化による早期問題解決

・3D画像

施工の各ステップの段階工程を3D画像化することにより、見えなかった問題点が

「視覚による確認のしやすさ」から実際に見て確認できます。

 

・3Dシミュレーションムービー

施工時の状況をシミュレートします。

機械の配置やセット数、運搬経路の検討ができます。

また運搬速度を入力すれば時間あたりの運搬回数も想定できます。

このようなシミュレーションムービーを使っての関係者への教育資料もできます。

 

・3Dモデル体模型製作

3Dプリンタを使い、現地地形、完成予想形、施工段階毎地形等の模型を製作します。

これらの製作模型を使っての施工計画、要領、手順の関係者に把握、または教育することができます。

 

玉石重機株式会社

© 2013 Tamaishi Jyuki Co., Ltd.