地上測量

 

測量機材を現地に設置あるいは、移動しながら直接計測します。

レーザースキャニングやGNSS受信機による大量の点群取得。

 

地上型の測量においてはTS-SCANNING機を用いた3Dスキャニングによる地形測量、GNSS受信機を用いて移動しながら

ランダムに任意点の位置情報(X,Y,Z)を取得します。さらに取得した点群データをMassData化し、解析処理を行います。

 

TS出来形管理システムは、従来手法の巻尺やレベル測量に変わって設計データを搭載したTS(トータルステーション)による

測量データを基に出来形管理を行います。

ワンマン測量での出来形、精度確認が容易にできます。また、帳票も出力し、検査書類にも対応します。

 

現場での測量、施工管理をより簡易化するため3次元施工管理アプリケーションソフト(RoadRunner)を使用します。

トータルステーション機やGNSS機と組み合わせ、任意点設置・丁張設置・出来形管理が容易にできます。

 

UAV航空測量

 

固定翼型、オクトローター(8枚羽根)型の2つのタイプの飛行体を使用。

大量の航空写真をオルソ画像変換し、点群データを出力。

得られた情報(点群データ)を使い解析・処理・様々な利活用。

 

固定翼型、オクトローター型どちらもフライトプランニングで

自立飛行航路を作成し、機器にインプットします。

 

また、飛行予定周辺の規制条件を調査し、飛行届け出の有無も確認して

実施を決定します。

 

固定翼型は飛行機タイプで発射台を使って離陸し

約80km/hで飛行・撮影した後、胴体着陸で戻ってきます。

 

オクトローター型はヘリコプタータイプで

垂直ホバリングで離着陸し、飛行速度は約4km/hで飛行・撮影します。

 

 

航空測量は計画段階の地形状況、施工段階(定期・不定期)での地形状況、

または完工後の地形状況の把握に用いられます。

 

解析処理

 

2次元の設計図を基に3次元へのモデル化を行なうことで

視覚パフォーマンスの向上。

さらに模型化することで今まで見えなかった箇所も見えてくる。

今後発生するであろう問題点を事前に抽出、そして解決。

 

見える化による早期問題解決

・3D画像

施工の各ステップの段階工程を3D画像化することにより、見えなかった問題点が

「視覚による確認のしやすさ」から実際に見て確認できます。

 

・3Dシミュレーションムービー

施工時の状況をシミュレートします。

機械の配置やセット数、運搬経路の検討ができます。

また運搬速度を入力すれば時間あたりの運搬回数も想定できます。

このようなシミュレーションムービーを使っての関係者への教育資料もできます。

 

・3Dモデル体模型製作

3Dプリンタを使い、現地地形、完成予想形、施工段階毎地形等の模型を製作します。

これらの製作模型を使っての施工計画、要領、手順の関係者に把握、または教育することができます。

 

玉石重機株式会社

© 2013 Tamaishi Jyuki Co., Ltd.